インプラントなら|神奈川横浜の都筑区インプラントセンター
HOME>診療の流れ

診療の流れ

インプラント治療の流れ
診査診断と治療計画
診査診断と治療計画

歯科インプラント治療の最初のステップは担当歯科医との話し合いで始まり、続いて精密な歯の検査が行われます。あごのレントゲン写真で骨組織の状態を確認し、インプラントの埋入を決定します。あごと既存の歯の型を作り、これが治療の基盤となります。

インプラント手術

手術前の状態

手術前の状態

手術前の状態です。

あごの骨を削る

あごの骨を削る

局所麻酔下でドリルによりあごの骨を削ります。

インプラントの埋入

二次手術がない場合

インプラントの埋入

ヘッド部を露出させた状態でインプラントを埋め込みます。

二次手術がある場合

インプラントの埋入

一次手術
インプラントを埋め込み、歯肉で完全に覆います。

インプラントの埋入

二次手術
歯肉の上にヘッド部を露出させ治癒を待ちます。

アタッチメントの取り付け

アタッチメントの取り付け

歯肉の形態が整ったら支台装置(アタッチメント)をインプラントに取り付けます。

仮歯の装着

仮歯の装着

この期間、一般的にインプラントの上に仮歯を付けます。

人工歯の取り付け

人工歯の取り付け

人工歯の取り付け

インプラントの上に土台を取り付けて、その上に人工歯を被せます。
インプラントが骨としっかり結合し安定するまで待って、この上に人工歯を取り付けます。
※待つ期間は、インプラントの種類・手術法・骨の状態・全身状態などにより決定されますが、おおむね6週間~6ヶ月ぐらいです。

完全に固定する

人工歯の取り付け

インプラントのヘッドにセメントを用いて人工歯を接着します。よく噛め、ネジ穴がないので噛み合わせがつくりやすく、見た目にも綺麗です。

ネジで止める

人工歯の取り付け

インプラントのヘッドと人工歯をネジで止めます。定期健診などの時に歯医者さんで外してもらい、インプラントと歯肉を清潔にすることができます。

入れ歯にする

人工歯の取り付け

インプラントのヘッドに棒状・球状または磁性の維持装置を取り付け、入れ歯を固定します。

メインテナンス
メインテナンス

インプラント治療が終わっても、それで安心することはできません。人工歯は、天然歯のような防御機能がありませんから、毎日の家庭でのケアと定期的jな検診をかかさず、きちんとメインテナンスするようにします。