インプラントなら|神奈川横浜の都筑区インプラントセンター
HOME

| 骨の造成治療 |

骨の造成治療

骨量を増やす必要があるインプラント治療


上顎の上、ほほの骨の中は、大きく空洞になっています。そこを上顎洞といいます。
上顎洞は、鼻腔につながる空洞で、粘膜で覆われています。
インプラントをする際、上の歯では、上顎洞に到るまでの、上顎の骨の中に、インプラントを収める必要があります。
そのため今までは、上顎の骨の厚みが足りない方の場合、治療を行うことができませんでした。

しかし今では、上顎の骨の厚みが不足している方でも、治療を行える技術が開発され、実際に臨床で活用されています。当クリニックでも骨の造成治療を行っており、他院で断られた方も受け付けております。