インプラントなら|神奈川横浜の都筑区インプラントセンター
HOME

| 骨の造成治療 |

骨造成(GBR法)
骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の造成を促す治療法です。 インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合、用いられるテクニックです。 インプラントを埋入するオペの前に必要な骨を作ってしまう場合もあれば、オペのとき、同時に行われることもあります。 GBR法を行うことで、今までインプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、治療が可能になるケースが増加しています。